コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

昨年の月給、減少率最大=3.9%マイナス-厚労省調査(時事通信)

 厚生労働省が2日発表した2009年の勤労統計調査(速報値、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代、ボーナスなどをすべて合わせた現金給与総額の月平均は前年比3.9%減の31万5164円と、3年連続のマイナスとなった。減少率は現行調査方式による比較が可能になった1991年以降で最大。世界的不況の中、給与総額の大幅引き下げが進んだことで、デフレがさらに深刻化する恐れがありそうだ。
 内訳は、基本給が1.2%減の24万5758円、ボーナスが12.1%減の5万2734円、残業代が13.5%減の1万6672円。ボーナスと残業代の減少率は最大となった。
 産業別の現金給与総額も大半で減少。製造業の7.1%減、飲食・宿泊業の6.0%減、教育・学習支援業の4.4%減、卸売・小売業の4.3%減などが目立つ。 

【関連ニュース】
冬のボーナス、12%減=減少率最大
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
デフレ解消、「魔法のつえ」ない=成長期待の高まり不可欠

練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)
<死因究明制度>あり方検討の研究会が初会合 年内にも提言(毎日新聞)
モンスターペアレンツ対策Q&A…都教委配布へ(読売新聞)
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」(産経新聞)
偽一万円札使用、同一グループか=記番号一致、被害50枚超に-東北4県(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。