コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

イコカカード62回不正使用 JR西社員を懲戒解雇(産経新聞)

 JR西日本は7日、ICOCAカードの乗車記録を不正に消去したとして、北新地駅勤務の男性社員(53)を同日付で懲戒解雇したと発表した。警察への被害届の提出も検討する。

 発表によると、社員は同駅で拾ったり購入したりしたカード計6枚を所有。平成20年9月~今年4月、在阪の私鉄などで62回、1万6550円分の運賃を支払わず乗車したとしている。

 社員は妻や友人ととも、阪神甲子園球場に野球観戦や大阪府箕面市の温泉施設へ出かけたりした際にカードで乗車。後日、勤務地の北新地駅でカードの乗車記録を消去していたという。

 JR西は16年9月、ICOCAカードの不正使用で社員ら72人を処分。その後、不自然な乗車記録の消去を定期的に調査しており、今回の不正が発覚した。社員は「調査のことを知っていたが、小遣いほしさにやってしまった」と説明しているという。

【関連記事】
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
相模鉄道の車掌が2年半キセル 磁気定期を不正操作
西武鉄道社員キセルは19人 不正総額は155万円に
キセル乗車問題で新たに14人不正 相模鉄道
近鉄社員が不正乗車 乗り越し運賃着服も
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

枝野新幹事長就任会見詳報(1)(産経新聞)
宮崎の主力級種牛5頭、口蹄疫感染シロ(読売新聞)
口蹄疫 宮崎・都城の牛は「陽性」 農家の208頭殺処分(毎日新聞)
中畑氏、初街頭演説で「巨人監督の芽なくて政界へ」(スポーツ報知)
哨戒艦撃沈 日米韓、今後も連携で一致(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

司令塔不在で迷走=辺野古回帰の舞台裏―普天間移設☆2(時事通信)

 ◇首相、前政権の否定に固執
 3月の党首討論で、首相は「当然腹案は用意している」と公言、県外移設に自信を示した。軸となるのは、鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転案だった。民主党衆院議員を通じて感触を探っていた首相は、「実現は可能」と踏んでいたようだ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<新型インフル>国と自治体の連携不足指摘 研究班が報告書(毎日新聞)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
情報提供は全暴力団員分=3万8000人、証券会社に―即時照会体制構築へ・警察庁(時事通信)
桂春団治さん 体調不良で検査入院(毎日新聞)
批判されても、批判されても……貧困ビジネスに立ち向かう理由(Business Media 誠)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)

 ◇大輪が見ごろ

【写真特集】きれいな草花たくさん 毎日植物園

 須賀川市の国指定名勝「須賀川牡丹園」で、ボタンが見ごろを迎えた。紫の「花大臣」、赤い「太陽」など中咲き品種が満開となり、華やかな大輪が来園者を楽しませている。

 同園のボタンは、江戸時代に根を薬用にするために栽培を始めたもので、明治初期に観賞用庭園として整備された。約10ヘクタールの敷地には、樹齢200年を超える古木を含め291種、約7000株が植栽されている。

 春の寒波の影響で早咲きの開花が例年より7~10日遅れたため、早咲き、中咲き、遅咲きが競演している。橋本公助管理次長(54)は「一斉に咲いているのを見られるのは珍しい」と話している。今月末まで観賞できる見込みだ。

 また、同園は60年間にわたる交配で生み出した新品種を初公開。薄紫色の八重咲きで、底色に淡い紫斑が特徴。25日まで名称を公募している。問い合わせは同園保勝会(0248・73・3490)。【坂本智尚】

【関連ニュース】
【写真特集】富士山のさまざまな表情を写真で
【写真特集】ハッブル望遠鏡でとらえた宇宙の神秘
【写真特集】都心にチューリップ オフィス街で8万本
【写真特集】美しいバラが勢ぞろい 第12回国際バラとガーデニングショウ

脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」-民主議連・石森幹事長(医療介護CBニュース)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)
「金は使った」容疑者の娘が供述 千葉の放火殺人(産経新聞)
【高速道路新料金】約束を実現するという努力が尊い(レスポンス)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)

 短歌にモダニズム精神を取り入れた歌人の加藤克巳(かとう・かつみ)さんが16日午後11時15分、心不全のため死去した。94歳。葬儀は23日午前11時、さいたま市桜区下大久保1523の1の浦和斎場。喪主は次男正芳(まさよし)さん。

 京都府生まれ。1933年に国学院大入学後、新芸術派短歌運動の一環として「短歌精神」を創刊。37年に第1歌集「螺旋(らせん)階段」を刊行し、超現実的な手法を初めて短歌に導入して高く評価された。戦後の47年、近藤芳美、大野誠夫らと新歌人集団を結成し、短歌の新生面を切り開いた。53年、歌誌「近代」を創刊(後に「個性」)。2003年に終刊するまで主宰を務めた。

 70年、歌集「球体」で迢空賞。86年、「加藤克巳全歌集」で現代短歌大賞。「現代短歌史」「鑑賞釈迢空の秀歌」など、評論も多い。91年から4年間、現代歌人協会理事長を務めた。代表歌は<永遠は三角耳をふるわせて光にのって走りつづける>。

引きこもり殺人勃発…“爆弾”を抱える家族の実態(産経新聞)
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か (産経新聞)
仙谷・前原氏「政倫審公開を」=小沢氏出席を評価―閣僚(時事通信)
橋下知事、神戸空港民営化「兵庫県と神戸市で頑張って」(産経新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

元大和郡山市議、無罪確定=融資詐欺、控訴断念-奈良地検(時事通信)

 事業拡大名目で知人から融資金約3800万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、一審奈良地裁で無罪判決を受けた会社社長の酒井憲雄元大和郡山市議(63)について、奈良地検は6日までに控訴を断念した。控訴期限の7日午前零時に無罪が確定した。
 同地検の徳久正次席検事は「上級庁との協議の結果、一審判決を覆す証拠を見いだすことが困難と判断した」としている。 

<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
「憲法記念日」各地で集会 民間臨調「憲法審査会始動を」社民・福島氏「阻止する」(産経新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
ショッピングセンターに車突っ込む=客ら7人負傷、79歳の男逮捕-山梨県(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。